MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
第6戦 スペインGP 土曜日 予選


 2006年F1第6戦スペインGPはバルセロナのサーキット デ カタロニアで公式予選のときを迎えた。
 現地時間午後2時、第1ピリオド開始直前の気温は25℃、路面温度38℃、湿度41%、空は曇りでドライコンディションとなっている。



【F.アロンソ G.フィジケラ ルノー グッズ】  楽天 ルノー特集


●第1ピリオド

20060514101805.jpg
 まずはトヨタのR.シューマッハがコースへと飛び出していく。レッドブルのD.クルサード、スーパー・アグリの佐藤琢磨もコースへと出ていく。BMWザウバーのJ.ビルヌーブは週末前にエンジン交換を行なったため、10グリッド降格ペナルティを受けることになる。スーパー・アグリのF.モンタニー、ミッドランドF1レーシングのT.モンテイロ、トロ・ロッソのV.リウッツィ、トヨタのJ.トゥルーリ、ミッドランドF1レーシングのC.アルバース、トロ・ロッソのS.スピードもコースへ。

 開始3分、まずはR.シューマッハがターゲットタイムとなる1分20秒567を記録する。佐藤が1分20秒257でラルフのタイムを上まわる。マクラーレンのK.ライコネン、レッドブルのC.クリエンがコースへ。トゥルーリが1分17秒531でトップへ。佐藤にブロックされたアルバースが激しいジェスチャー。ホンダのR.バリチェロ、J.バトンがピットアウト。

 開始6分、ライコネンが1分16秒613でトップへ。フェラーリのM.シューマッハ、F.マッサがコースイン。クルサードがターン3でクラッシュしている! クルサードはまだタイムを出していないので、この時点でノックアウトが決定。ここで赤旗が提示され、セッション残り時間7分29秒で中断となる。

 セッション中断前にコースへと出ていなかったドライバーはルノーの2台、ウィリアムズの2台、BMWザウバーの2台となっている。ホンダの2台、フェラーリの2台、そしてJ.P.モントーヤはコースインしていたが、まだタイムは記録されていない。

 現地時間午後2時11分、セッションがリスタートされた。フェラーリのM.シューマッハ、F.マッサ、ルノーのF.アロンソがピットアウト。モントーヤ、ウィリアムズのM.ウェーバー、N.ロズベルグ、BMWザウバーのN.ハイドフェルドも出ていく。

 残り4分、M.シューマッハが1分16秒945で2番手へ、チームメイトのF.マッサが1分16秒359でトップタイムを記録する。しかし、ルノーのF.アロンソとG.フィジケラが1分15秒816、1分16秒046で1?2タイムをマークする。ホンダのJ.バトンが1分16秒054で3番手へ。

 BMWザウバーのJ.ビルヌーブがコースイン。残り2分30秒でのノックアウトゾーンはアルバース、モンテイロ、佐藤、モンタニー、ビルヌーブ、クルサードとなっている。ライコネンだけがコースに出ていない。ビルヌーブが1分16秒066で5番手タイムを記録してスピードがノックアウトゾーンへ。

 ここでセッション終了。スペインGP公式予選第1ピリオドのオーダーは、1位F.アロンソ、2位G.フィジケラ、3位M.シューマッハ、4位J.バトン、5位J.ビルヌーブ、6位J.トゥルーリ、7位J.P.モントーヤ、8位R.シューマッハ、9位R.バリチェロとなっている。

 ノックアウトとなったのは17位S.スピード、18位T.モンテイロ、19位C.アルバース、20位 佐藤琢磨、21位F.モンタニー、22位D.クルサードとなっている。



●第2ピリオド

20060514102421.jpg
 予選の第2ピリオドが開始された。セッション開始時の気温は27℃、路面温度43℃、湿度39%、晴れてドライコンディションとなっている。

 まずはBMWザウバーのJ.ビルヌーブ、トロ・ロッソのV.リウッツィ、ウィリアムズのM.ウェーバー、N.ロズベルグ、トヨタのJ.トゥルーリ、レッドブルのC.クリエン、ルノーのF.アロンソ、トヨタのR.シューマッハがコースへ出ていく。BMWザウバーのN.ハイドフェルドも続く。

 開始3分、まずはビルヌーブが1分16秒349のターゲットタイムを記録する。マクラーレンのK.ライコネンがコースへ。トゥルーリが1分15秒564でトップへ。開始5分、アロンソが1分15秒124でトップタイムを更新する。それを見てチームメイトのG.フィジケラがピットアウト。フェラーリのF.マッサ、M.シューマッハ、ホンダのR.バリチェロ、J.バトン、マクラーレンのJ.P.モントーヤがコースへ。これですべてのクルマがピットを離れたことになる。

 開始7分、ライコネンが1分15秒422で2番手へ。マッサが1分15秒245でアロンソに続く2番手へ、そしてチームメイトのM.シューマッハが1分14秒637でアロンソを大きく上まわる! バトンが1分15秒150で3番手へ。

 残り7分を切ってすべてのクルマがタイムを記録して後半戦へ。ノックアウトゾーンにいるのはクリエン、ハイドフェルド、ロズベルグ、ビルヌーブ、ウェーバー、リウッツィとなっている。

 いったんすべてのクルマがピットに戻ってコース上には誰もいない。

 10位R.シューマッハ、9位モントーヤ、16位リウッツィが動きを見せる。7位のトゥルーリもピットアウト。11位のクリエンも続く。

 残り4分を切って15位のウェーバー、12位のハイドフェルド、13位のロズベルグ、8位のフィジケラ、14位のビルヌーブもコースへ。7位以下のすべてのクルマがコースへと出てきている。

 R.シューマッハが1分15秒164で4番手へ。チームメイトのトゥルーリも1分15秒068で2番手へ浮上。

 残り1分20秒、ウェーバーが1分15秒502で9番手に浮上し、これでモントーヤがノックアウトゾーンへ。フィジケラが1分14秒766で2番手タイムを記録。ハイドフェルドが1分15秒468でウェーバーが再びノックアウトゾーンへ。ここでセッション終了。

 スペインGP公式予選第2ピリオドは、1位M.シューマッハ、2位G.フィジケラ、3位J.トゥルーリ、4位F.アロンソ、5位J.バトン、6位R.シューマッハ、7位F.マッサ、8位R.バリチェロ、9位K.ライコネン、10位N.ハイドフェルドとなっている。

 ノックアウトとなったのは11位M.ウェーバー、12位J.P.モントーヤ、13位N.ロズベルグ、14位J.ビルヌーブ、15位C.クリエン、16位V.リウッツィとなっている。



●第3ピリオド

20060514102735.jpg
 ポールポジションを決める公式予選最終ピリオドのときを迎え、現地時間午後2時44分にセッションが開始された。セッション開始時の気温は27℃、路面温度43℃、湿度39%、晴れてドライコンディションとなっている。

 セッション開始1分前からルノーのF.アロンソがピットレーン出口で並んでいる。そして参加するクルマがピットレーン出口に整列する。このセッションに参加するのはルノーのF.アロンソ、G.フィジケラ、マクラーレンのK.ライコネン、フェラーリのM.シューマッハ、F.マッサ、トヨタのR.シューマッハ、J.トゥルーリ、ホンダのR.バリチェロ、J.バトン、BMWザウバーのN.ハイドフェルドとなる。

 オープニングラップを終えてのラップタイムオーダーは、1位フィジケラ、2位バトン、3位M.シューマッハ、4位アロンソ、5位マッサ、6位R.シューマッハ、7位ライコネン、8位バリチェロ、9位ハイドフェルド、10位トゥルーリとなっている。

 2周目を終えてM.シューマッハが1分17秒986でトップへ。バトンが2位、フィジケラが3位となった。ライコネンが5位へ浮上してマッサが6位へ、バリチェロが7位、R.シューマッハが8位となっている。

 3周目を終えてアロンソが3位へ浮上、フィジケラが4位へ後退した。

 4周目を終えてR.シューマッハがバリチェロを越えて7番手へ。トゥルーリもハイドフェルドを上まわって9位へ。

 5周目を終えてアロンソが2番手へ浮上、しかし、すぐにマッサがそれを上まわる。

 残り10分30秒、計測ラップ6周目を終えてマッサが1分17秒698でトップへ。フィジケラがタイムを上げてバトンを上まわる4位へ。

 残り9分、計測7周目を終えてフィジケラが2番手へ浮上。

 残り8分、アロンソ、M.シューマッハ、マッサ、バトン、フィジケラ、バリチェロが一斉にピットへ。マクラーレン、トヨタ、BMWザウバーはまだ動かない。いよいよ各ドライバーが本気でタイムを出しに来る。

 次のラップでライコネンが1回目のタイヤ交換を行なう。

 残り5分、M.シューマッハが1分15秒862でトップへ! そしてすぐにアロンソが1分14秒875でM.シューマッハを上まわる! マッサが1分15秒484で2番手へ、さらにフィジケラが1分15秒247で2番手へ浮上する。

 残り3分、アロンソ、マッサ、ハイドフェルド、フィジケラ、バトン、バリチェロがタイヤ交換へ。少し遅れてR.シューマッハ、M.シューマッハ、ライコネン、トゥルーリがピットへ。

 残り30秒、アロンソが1分14秒648でトップタイムを更新! フィジケラも1分14秒709で2番手タイムを改善する。チェッカーフラッグ。M.シューマッハは1分14秒970でルノーには届かずに3番手! スタンドからはアロンソに大歓声が送られる!

 スペインGP公式予選では、地元のファンの期待に応えたワールドチャンピオンのF.アロンソがポールポジション、チームメイトのG.フィジケラが2番手に続いた。以下は3位M.シューマッハ、4位F.マッサ、5位R.バリチェロ、6位R.シューマッハ、7位J.トゥルーリ、8位J.バトン、9位K.ライコネン、10位N.ハイドフェルドとなっている。

 2006年F1 第6戦 スペインGP決勝レースは、現地時間で明日の午後2時(日本時間で午後9時)にフォーメーションラップスタートとなる。

20060514103049.jpg 20060514103113.jpg



1 F.アロンソ (ルノー)       1:14.648
2 G.フィジケラ (ルノー)      1:14.709
3 M.シューマッハ (フェラーリ)   1:14.970
4 F.マッサ (フェラーリ)      1:15.442
5 R.バリチェロ (ホンダ)      1:15.885
6 R.シューマッハ (トヨタ)     1:15.885
7 J.トゥルーリ (トヨタ)      1:15.976
8 J.バトン (ホンダ)        1:16.008
9 K.ライコネン (マクラーレン)   1:16.015
10 N.ハイドフェルド (BMW)    1:17.155
-----------------------------------------------------------
11 M.ウェーバー (ウィリアムズ)   1:15.502
12 J.P.モントーヤ (マクラーレン) 1:15.801
13 N.ロズベルグ (ウィリアムズ)   1:15.804
14 J.ビルヌーブ (BMW)      1:15.847
15 C.クリエン (レッドブル)     1:15.928
16 V.リウッツィ (トロ・ロッソ)   1:16.661
-----------------------------------------------------------
17 S.スピード (トロ・ロッソ)    1:17.361
18 T.モンテイロ (ミッドランド)   1:17.702
19 C.アルバース (ミッドランド)   1:18.024
20 佐藤琢磨 (スーパー・アグリ)    1:18.920
21 F.モンタニー (スーパー・アグリ) 1:20.763
22 D.クルサード (レッドブル)    no time



GDOSHOP.comのお買い得ゴルフ用品


スポンサーサイト


テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/811-472762bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スペインGP 土曜日 追記アリ□

フリー走行3: 結果 ・ セクタータイム ・ 最高速 レポート:F1Racing.jp ・ F1-LIVE.com beatnicの密かな憂鬱【2006/05/14 15:48】

2006F1第6戦 スペインGP予選/カタロニア

第6戦 スペインGPの予選です。 はびのすブログ ~ブサイクな日々~【2006/05/14 18:01】
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。