MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
F.アロンソ  セビリアに現る!


 F.アロンソ(ルノー)は、21日(日)午後、スペインの南西部にあるセビリアで、ルノーF1チームが主催するロードショーの観客数の記録を更新し、28万人以上のファンを魅了した!



【F.アロンソ G.フィジケラ ルノー グッズ】  楽天 ルノー特集


20060523221457.jpg
 チームはセビリアにあるファクトリーの創設40周年を祝い、盛大なショーを計画。アロンソとチャンピオンシップを勝ち取ったR25が、28万人ものファンの前にさっそうと登場した。
「最高のイベントだよ。このセビリアで、こんなに多くのファンに会えて、スペインでのF1人気を感じることもできた。スペインGPで優勝できて、そのわずか1週間後にこうしてファンと勝利を祝えて、僕には忘れることのできない思い出になるよ」とアロンソは興奮気味に語った。

 この日、ファンはルノーの豪華なモータースポーツの文化的遺産と、現代の有名な数々のクルマに魅了され、しかも、クライマックスにはR25に乗り込んだアロンソの20分間に及ぶデモ走行を目の当たりにし、イベントを思う存分楽しんだようだ。その中には1977年の初代RS01も含まれており、ルノーの元ドライバー、ルネ・アルヌーがドライブしたり、ル・マンで勝利を収めたAlpine-A442Bとラリーカーのルノー5 Maxi Turboのステアリングをジャン・ラグノッティが握ったりした。

 一方、アロンソはスポンサーや地元の著名人への挨拶に、1日の大半を費やしていたようだ。しかし、この日の最もタフな仕事は、公式記者会見ではなく、チームのスポンサーである『Mutua Madrilena(ムトゥア・マドリレーナ)』主催のスペシャルイベントのときだっただろう。

 アロンソは、このイベントで地元の子供たち30人から質問を受けることになっていたのだが、なんと、その子供たちが、今季いっぱいでルノーを離れることについて、アロンソに厳しい質問を浴びせたのだ。その他には、これまでどのくらいトロフィーをもらったか(約150個といわれている)、なぜ、この日ピンクのシューズを履いていたのかなどといった質問があったが、時にはユーモアを交え、また、笑みを湛え、とても器用に応えていたアロンソだった。

20060523221706.jpg
 そして、ショーの最大の見せ場は、午後1時45分すぎ。昨年のオーストラリアGPでG.フィジケラが優勝したときのクルマ、R25?03がガレージから姿を現し、2.5kmのサーキットに登場したときだ。

 アロンソの名前を繰り返し呼び、暖かく拍手で迎えてくれた28万人の観客に応えるように、アロンソは高速でサーキットを走り抜け、タイヤスモークを上げてドーナツターン! それを見られたファンは、大いに感動したことだろう。観客の安全を最優先に掲げたイベントでは、アロンソは限界まで攻めることは決してしなかったが、それでも特設コースで時速250kmを出し、クルマの迫力を十分に披露していた。

「この10日間は、スペインにとって素晴らしい日々だったね。サッカーではセビージャFC(セビリアFC)がUEFAカップで、FCバルセロナがチャンピオンズ・リーグで優勝し、F1では僕がバルセロナで優勝して最高の週末が過ごせた。それに、ダニ・ペドロサとラファエル・ナダルが、それぞれMoto GPとテニスですごいことをやってのけた。いろんなスポーツを楽しみ、称えることのできた1週間だったね」とアロンソは語っている。

 このイベントはアロンソとチームを祝うためだけではなく、チームのF1哲学のカギとなる要素も含まれていた。ルノーF1チームが主催するロードショーのようなプログラムは、ファンのスポーツに対する情熱を賞賛し、できる限りクルマやドライバー、往年のヒーローたちに近づくチャンスを与えるためのものでもある。この日、そのビジョンが28万人のファンの前で現実となったのだ。

「こういったイベントはF1にはとても大切なことだと信じているんだ」と語るアロンソは、次のように締めくくった。
「レースのある週末はすごく忙しくて、ファンのために時間を割くのは難しいけど、こんな日はファンに会って、写真を撮ったり、サインをしたり、楽しんだりと、いろんなことができるんだ! F1というスポーツに近づけるという意味で、ファンにとっても重要なことだし、彼らの熱意が伝わってくるよね。チームはこういったイベントでファンと関わりたいと思っているし、みんながこの経験を楽しんでいるんだ」

 アロンソとチームにとって、このイベントは重要な1週間の始まりだっただろう。25日(金)には、まだアロンソが表彰台に上がっていない、3つのサーキットの1つでもあるモナコGPが控えている。
 さらに、その前の22日(月)夕方には、アロンソとチームがノミネートされている、ローレウス・ワールド・スポーツ・アワードに参加する予定なのだ。アロンソはワールドスポーツマン・オブ・ザ・イヤー、チームはワールドチーム・オブ・ザ・イヤーの候補に挙がっており、バルセロナで行われる表彰式には、マネージングディレクターのフラビオ・ブリアトーレも参加することになっているという。



GDOSHOP.com人気商品ランキング


スポンサーサイト


テーマ:F1GP 2006 - ジャンル:車・バイク

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/826-b2331321
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。