MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
第7戦 モナコGP チームプレビュー  BMW


 BMWザウバーのN.ハイドフェルドとJ.ビルヌーブは、現在、それぞれ6ポイントを獲得しており、さらなるポイントを目指してモナコへと向かう。
 チームはコンストラクターズランキングでウィリアムズを抑え5位につけており、このポジションを何とかキープしたいところだろう。



【プラモデル ミニチュア グッズ など】  楽天 BMW特集


 モナコ公国の公道でのオーバーテイクは非常に難しいが、それでも、ここでのレースはいつもファンを楽しませてくれるのだ。
 スリルを味わわせてくれる理由の1つとして、道幅が狭く、曲がりくねったコースの特性が上げられ、ミスが大きな代償として直接ドライバーに降りかかってくるのも、見ている者にとってはスリル満点だ。

 スペインGP終了後、ハイドフェルド、ビルヌーブ、サードドライバーのロバート・クビカの3人はフランスのポールリカール・サーキットで、モナコGPとカナダGPに向けた準備に取り組み、3日間のテストを完了した。


●N.ハイドフェルド

20060523223050.jpg
「モナコGPは間違いなく、シーズンのハイライトの1つ。アパートやビルの間を縫うようにドライブするのは格別だね。
去年はここで2位に入ることができたけど、もし、このような成績を残せなかったとしても、存分にレースを楽しめたんじゃないかな。今回の予選では、同時に多くのマシンがコース上に出るから、これまで以上に混乱すると思う」

「僕はスイスに引っ越す前に、モナコに数年間住んでいたから、特別な思いがあるんだ。F1が開催される時期になると、街中が大騒ぎだよ。港はヨットで埋め尽くされ、街は活気にあふれている。1度はモナコGPの週末を体験することをおすすめするよ。雰囲気が他とは違って、独特なんだ。ファンはいつものサーキットのように数百メートル離れたところからではなく、間近でレースを観戦できる。F1のスピード感やエンジン音を肌で感じてもらえるよね。でも、F1を離れてプライベートを過ごすのであれば、閑静なところが個人的には好きだし、自宅のあるスイスは居心地がいいよ」


●J.ビルヌーブ

20060523223416.jpg
「モナコをドライブするのはとてもエキサイティングだし、おそらく、ザウバーが昨シーズンで1番力を発揮したコースなんじゃないかな。タイヤに関しては、かなりソフトなものを使用することになるから、厳しいだろうけど、僕らのクルマはタイヤに対して優しいから問題ない。それに、モナコGPは何が起こるか分からないレースだ。最後尾からのスタートだって、ポディウムを狙えるし、実際、4台しか完走できなかった年だってあったんだから。モナコはいつも本当に興奮するし、僕らはうまくやれると信じている」


●ロバート・クビカ(サードドライバー)

「今回のモナコGPは僕にとって、F1初の市街地コースになるから特別だよ。市街地コースは好きだし、これまでモナコやマカオでまずますの成績を収めてきた。6カ所か7カ所くらいで走ったかな。でも、今年はレースではなく、木曜日のフリー走行で準備に取り組むことになる。路面のグリップが極端に低いから、走行は難しくなるだろうけど、少しでも2人のレギュラードライバーの役に立てたらと思っている」

「去年、モナコで開催されたワールドシリーズのレースでは、残念ながら5位という結果に終わってしまったんだ。このコースは本当に難しく、いかなるミスも許されない。みんな条件は同じだけどね」


●マリオ・タイセン(チーム代表)

「世界中から熱い視線が注がれるのがモナコGP。F1の王冠を彩る宝石だと称されることからも分かるだろう。また、このコースは近年のサーキットの流れからは明らかに一線を画し、独特の存在感がある。好き嫌いは好みの問題になるだろうが、現在のF1を象徴するものだ。ファンがコースやパドックに近いこともあり、他のグランプリとは異質の雰囲気が漂っている」

「コース幅は狭く、曲がりくねっているので、エンジンパワーが物を言うわけではない。その代わりに、エンジンの回転効率が勝敗を分けることになる。グランドホテル・ヘアピンは、年間を通してエンジン回転数が5000rpmを下回る唯一のコーナーだ。2005年の3リッターV10エンジンと比較すると、今年の2.4リッターV8エンジンは200馬力近くパワーが落ちているが、他のグランプリほどの差は表れないだろう。前回のスペインGPで初めて昨年の予選タイムを上まったが、同じようにモナコで昨年のタイムが塗り替えられたとしても、さほど驚くことではない」

「前回、2レース目のエンジンを使用したニックは、今回、ニューエンジンで臨むが、ジャックのエンジンは2戦目になる。ここでは、トップスピードがどのサーキットよりも遅くなるため、ドライバーはタイムを少しでも縮めようと、せわしなくドライブすることになる。また、エンジンに関しては、走行中に冷却のための風の取り込みが不足するため、オイルや冷却系の水の温度が限界まで上昇してしまう傾向にある」


●ウィリー・ランプ (テクニカルディレクター)

「シーズンを通して見ても、モナコは平均スピードが1番遅いグランプリであり、効率的な空力以上の強力なダウンフォースが求められる。また、多くの低速コーナーが存在し、出口での立ち上がりの加速を考えると、トラクションもキーポイントになってくる。金曜日にコースが再び公道として解放されることから、予選のある土曜日には、各ドライバーはグリップ不足に悩まされることになり、セットアップ作業も非常に困難になってくるだろう。ここではマシンの正確な動きが必要になってくるし、わずかなミスが命取りになってしまうんだ」

「このコースはオーバーテイクも難しいので、レースのスタート位置が重要になってくるが、それはレース戦略にも同じことが言えるので、それぞれの妥協点を探していくことが重要になってくる。予選がどのようになるのか、とても興味がある。22台がコース上に流れ込む第1ピリオドは、特に注目だよ。トラフィックに引っかからないようにするためには、ドライバーには運も必要になってくるだろうしね。しかし、何が起こるにせよ、間違いなくエキサイティングな展開が繰り広げられるだろう。スペインGPでも堅実な走りを披露しているので、今回のモナコGPでもわれわれのパフォーマンスに期待しているよ」



carview 愛車無料査定
スポンサーサイト


テーマ:F1GP 2006 - ジャンル:車・バイク

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/828-a89c3bab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。