MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
第7戦 モナコGP 土曜日 予選


 2006年F1モナコGPは公式予選を迎え、現地時間午後2時からモンテカルロ市街地コースにおいて15分間の第1ピリオドがスタートした。
 セッション開始時の気温は24℃、路面温度44℃、湿度67%、晴れてドライコンディションとなっている。



【M.シューマッハ フェラーリグッズ】  楽天 フェラーリ特集


●第1ピリオド

 まずはトロ・ロッソのV.リウッツィ、BMWザウバーのJ.ビルヌーブ、N.ハイドフェルド、スーパー・アグリのF.モンタニーがコースへ向かう。ウィリアムズのN.ロズベルグ、マクラーレンのK.ライコネン、ルノーのF.アロンソ、ウィリアムズのM.ウェーバー、ルノーのG.フィジケラ、レッドブルのD.クルサード、C.クリエン、ホンダのJ.バトン、ミッドランドのT.モンテイロ、C.アルバース、トロ・ロッソのS.スピード、トヨタのJ.トゥルーリもコースへと向かう。

 開始3分、まずはリウッツィが1分17秒146のターゲットタイムを記録する。マクラーレンのJ.P.モントーヤ、トヨタのR.シューマッハもコースへ。アロンソは1分16秒311でひとまずトップタイムを記録するが、やはりトラフィックに引っかかる展開となっている。スピードが1分16秒236でトップへ。すぐにバトンが1分16秒037でそのタイムを更新する。スーパー・アグリの佐藤琢磨もコースへ。まだフェラーリの2台だけが動いていない。

 開始5分、M.シューマッハとF.マッサがコースへ。トゥルーリが1分15秒360でトップタイムを更新。さらに1分14秒883でタイムを更新。ここでフェラーリのマッサがクラッシュ! レースディレクターはここで赤旗を提示して、セッション残り8分28秒で中断となる。

 マッサはカジノスクエアの出口でクルマの姿勢を乱して、アウト側のウォールにクラッシュした。この時点でノックアウトゾーンとなっているのは、ウィリアムズのウェーバー、ロズベルグ、スーパー・アグリの佐藤、モンタニー、フェラーリのM.シューマッハ、マッサとなっている。

 中断時のオーダーは、1位トゥルーリ、2位クルサード、3位R.シューマッハ、4位クリエン、5位フィジケラ、6位バトン、7位モントーヤ、8位スピード、9位バリチェロ、10位アロンソ、11位リウッツィ、12位ライコネン、13位モンテイロ、14位アルバース、15位ビルヌーブ、16位ハイドフェルド、17位ウェーバー、18位ロズベルグ、19位 佐藤琢磨、20位モンタニー、21位M.シューマッハ、22位マッサとなっている。

 現地時間午後2時10分にセッションが再開され、フィジケラ、モントーヤ、M.シューマッハ、バリチェロ、アロンソ、ライコネンの上位陣もコースへと出ていく。

 フィジケラが1分14秒614でトップへ、すぐにアロンソが1分14秒232でそのタイムを上まわる。M.シューマッハもタイムを更新してハイドフェルドがノックアウトゾーンへ。ライコネンが1分13秒887でトップタイム。ほとんどすべてのクルマが走行を行なっている。

 ロズベルグとウェーバー、ハイドフェルド、ビルヌーブが順位を上げて、スピードとリウッツィ、モンテイロ、バトンがノックアウトゾーンへ。リウッツィがタイムを更新してモンテイロがノックアウトゾーンへ下がっている。

 残り3分20秒、バトンがタイムを更新してアルバースがノックアウトゾーンへ。

 ここでチェッカー。第1ピリオドの順位は、1位K.ライコネン、2位F.アロンソ、3位M.ウェーバー、4位R.シューマッハ、5位J.P.モントーヤ、6位C.クリエン、7位G.フィジケラ、8位R.バリチェロ、9位J.トゥルーリ、10位N.ロズベルグ、11位J.バトン、12位D.クルサード、13位M.シューマッハ、14位V.リウッツィ、15位J.ビルヌーブ、16位N.ハイドフェルドとなっている。

 ノックアウトとなったのは17位C.アルバース、18位T.モンテイロ、19位S.スピード、20位 佐藤琢磨、21位F.モンタニー、22位F.マッサとなっている。



●第2ピリオド

 現地時間午後2時24分、モナコGPの公式予選第2ピリオドが開始された。セッション開始時の気温は24℃、路面温度45℃、湿度65%、ドライコンディションとなっている。

 開始するとすぐにほとんどのクルマがコースへと向かう。上位チームもニュータイヤを装着してトップ10入りを目指していく。フェラーリとウィリアムズだけが動きを見せない。

 開始3分、まずはBMWザウバーのN.ハイドフェルドが1分15秒137でターゲットタイムを記録。すぐにルノーのG.フィジケラが1分13秒647でタイムを更新する。チームメイトのF.アロンソは1分13秒622で2番手へ、マクラーレンのK.ライコネンが1分13秒532でトップタイムを記録する。ウィリアムズの2台がコースへ。

 残り9分20秒、M.シューマッハがようやくコースへ。最初のアタックで1分13秒709を記録して4番手、安全圏内へと浮上する。

 残り5分でノックアウトゾーンに入っているのはR.シューマッハ、クリエン、バトン、ハイドフェルド、ビルヌーブ、リウッツィとなっている。ルノーのアロンソはすでに次の最終ピリオドへ向けて給油作業を開始している。

 残り2分30秒、R.シューマッハが自己ベストを更新するが、わずかに10位のタイムに届かない。ハイドフェルドはポルティエがエスケープゾーンにクルマを止めている。バトンも必死にアタックを試みるが、タイムが伸びずにノックアウトゾーンから出られない。

 ここでセッション終了。第2ピリオドのオーダーは、1位K.ライコネン、2位F.アロンソ、3位G.フィジケラ、4位D.クルサード、5位M.シューマッハ、6位M.ウェーバー、7位N.ロズベルグ、8位J.トゥルーリ、9位J.P.モントーヤ、10位R.バリチェロとなっている。

 ノックアウトとなったのは11位R.シューマッハ、12位C.クリエン、13位V.リウッツィ、14位J.バトン、15位J.ビルヌーブ、16位N.ハイドフェルドとなっている。



●第3ピリオド

 モナコGP公式予選最終ピリオド、セッション開始時の気温は24℃、路面温度45℃、湿度64%、晴れてドライコンディションとなっている。いつものように参加する各マシンがピットレーンに整列している。フェラーリのM.シューマッハが先頭、ルノーの2台がそれに続く形で並んでいる。

 このセッションに参加できるのはルノーのF.アロンソ、G.フィジケラ、マクラーレンのK.ライコネン、J.P.モントーヤ、フェラーリのM.シューマッハ、トヨタのJ.トゥルーリ、ウィリアムズのM.ウェーバー、N.ロズベルグ、ホンダのR.バリチェロ、レッドブルのD.クルサードとなっている。

 セッション前半はいつものようにバーンアウトラップが続き、開始10分でホンダのバリチェロが最初のタイヤ交換を行なった。10分経過してのオーダーは、1位モントーヤ、2位フィジケラ、3位M.シューマッハ、4位アロンソ、5位ライコネン、6位バリチェロ、7位クルサード、8位ウェーバー、9位ロズベルグ、10位トゥルーリとなっている。

 残り9分でライコネンも最初のタイヤ交換へ。チームメイトのモントーヤもピットに入る。残り8分でフィジケラ、M.シューマッハ、アロンソも同時にピットへ。ウィリアムズの2台も交換へ向かう。ニュータイヤを履いたバリチェロが2位へ。

 残り6分15秒、ライコネンが1分14秒140でトップへ。残り5分18秒でM.シューマッハが1分13秒898を記録してトップタイムを更新。アロンソは1分13秒980で2番手へ。トヨタのトゥルーリがピットに入っている。

 残り4分、ルノーはフィジケラが2度目のタイヤ交換へ。ライコネンとクルサードもピットへ向かう。ウェーバー、モントーヤ、バリチェロ、M.シューマッハ、ロズベルグも残り3分でピットへ。

 残り2分20秒、フィジケラとアロンソが同時にピットストップ。残り2分でコースへと向かう。すべてのクルマがニュータイヤでの最後のアタックを行なっている。

 ライコネンのアタックはロズベルグに引っかかって自己ベスト更新ならず。M.シューマッハもクリアラップを取れるが、ラスカスでミスをしてストップしてしまっている! ここで最終セクターにおいて黄旗が振られ、他のドライバーはタイムを更新することができない。そんな中でアロンソが1分13秒962でベストタイムを更新するが、ミハエルには届かず2位のまま。ここでチェッカーフラッグが振られてセッション終了。

 モナコGP公式予選ではM.シューマッハが今季3回目のポールポジションを獲得、F.アロンソがフロントローに並ぶ。以下は3位M.ウェーバー、4位K.ライコネン、5位G.フィジケラ、6位J.P.モントーヤ、7位R.バリチェロ、8位J.トゥルーリ、9位D.クルサード、10位N.ロズベルグとなっている。フィジケラとクルサード、M.シューマッハがセッション後の審議対象となっている。

 モナコGP決勝レースは明日、現地時間の午後2時(日本時間午後9時)にフォーメーションラップ開始となる。


1 M.シューマッハ (フェラーリ)   1:13.898
2 F.アロンソ (ルノー)       1:13.962
3 M.ウェーバー (ウィリアムズ)   1:14.082
4 K.ライコネン (マクラーレン)   1:14.140
5 G.フィジケラ (ルノー)      1:14.396
6 J.P.モントーヤ (マクラーレン) 1:14.664
7 R.バリチェロ (ホンダ)      1:15.804
8 J.トゥルーリ (トヨタ)      1:15.857
9 D.クルサード (レッドブル)    1:16.426
10 N.ロズベルグ (ウィリアムズ)   1:16.636
11 R.シューマッハ (トヨタ)     1:14.398
12 C.クリエン (レッドブル)     1:14.747
13 V.リウッツィ (トロ・ロッソ)   1:14.969
14 J.バトン (ホンダ)        1:14.982
15 J.ビルヌーブ (BMW)      1:15.052
16 N.ハイドフェルド (BMW)    1:15.137
17 C.アルバース (ミッドランド)   1:15.598
18 T.モンテイロ (ミッドランド)   1:15.993
19 S.スピード (トロ・ロッソ)    1:16.236
20 佐藤琢磨 (スーパー・アグリ)    1:17.276
21 F.モンタニー (スーパー・アグリ) 1:17.502
22 F.マッサ (フェラーリ)      no time



アフィリエイトはエーハチネット

スポンサーサイト


テーマ:F1GP 2006 - ジャンル:車・バイク

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/842-45ebb776
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。