MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
第8戦 イギリスGP 土曜日 予選


 2006年F1第8戦イギリスGPは公式予選のときを迎えた。
 現地時間午後12時30分に予選第1ピリオドが開始された。セッション開始時の気温は29℃、路面温度43℃、湿度34%、快晴でドライコンディションとなっている。



【F.アロンソ G.フィジケラ ルノー グッズ】  楽天 ルノー特集


●第1ピリオド

20060610232919.jpg
 まずはMF1レーシングのC.アルバース、BMWザウバーのN.ハイドフェルド、スーパー・アグリのF.モンタニー、佐藤琢磨、ルノーのF.アロンソ、トヨタのR.シューマッハ、J.トゥルーリ、レッドブルのD.クルサード、トロ・ロッソのS.スピード、MF1レーシングのT.モンテイロ、トロ・ロッソのV.リウッツィ、レッドブルのC.クリエンがコースへと向かう。

 開始3分、まずはアルバースが1分24秒372のターゲットタイムを記録。アロンソが1分23秒511でトップタイムを更新する。マクラーレンのK.ライコネンがコースへ。トゥルーリは白煙をあげてピットに戻っている。まだタイム計測は行なっていない。開始4分、スピードが1分23秒202でトップタイムを更新する。ホンダのJ.バトン、R.バリチェロがピットアウト。

 開始7分、マクラーレンのJ.P.モントーヤ、フェラーリのM.シューマッハ、F.マッサ、ウィリアムズのN.ロズベルグ、ルノーのG.フィジケラがコースへ。

 ライコネンがインフィールドセクションでコースアウト! 体制を立て直してコースへと戻る。ウィリアムズのM.ウェーバー、BMWザウバーのJ.ビルヌーブも最後にピットアウト。バリチェロが1分22秒965でトップへ。すぐにマッサが1分21秒647でトップタイムを塗り替える。M.シューマッハも2番手に続く。モントーヤがタイムを更新して2位へ。

 残り4分15秒、アロンソが1分21秒018でトップへ。残り3分でのノックアウトゾーンはモンテイロ、ハイドフェルド、佐藤、モンタニー、R.シューマッハ、トゥルーリとなっている。R.シューマッハがタイムを更新して10位へ、クルサードが降格圏内へ。ハイドフェルドも5番手へ浮上し、レッドブルはさらにクリエンもノックアウトゾーンへ。

 残り1分20秒、クルサードがタイムを更新してバトンがノックアウトゾーンへ。すでにバトンはピットにいるため、この時点で脱落が決定した。レッドブルはクリエンもタイムを更新、アルバースが降格圏内へ。一方、アルバースのチームメイトであるモンテイロが通過圏内へと順位を上げ、ウィリアムズのウェーバーが降格へ。ここでセッション終了。

 公式予選第1ピリオドの結果は、1位F.アロンソ、2位J.ビルヌーブ、3位F.マッサ、4位K.ライコネン、5位N.ハイドフェルド、6位M.シューマッハ、7位J.P.モントーヤ、8位G.フィジケラ、9位D.クルサード、10位S.スピード、11位V.リウッツィ、12位C.クリエン、13位T.モンテイロ、14位R.シューマッハ、15位R.バリチェロ、16位N.ロズベルグとなっている。

 ノックアウトゾーンは17位M.ウェーバー、18位C.アルバース、19位J.バトン、20位 佐藤琢磨、21位F.モンタニー、22位J.トゥルーリとなっている。



●第2ピリオド

20060610233254.jpg
 第2ピリオドは現地時間午後12時50分からセッションが開始された。セッション開始時の気温は29℃、路面温度44℃、湿度33%となっている。

 セッション開始と同時にトヨタのR.シューマッハ、ウィリアムズのN.ロズベルグ、BMWザウバーのN.ハイドフェルド、J.ビルヌーブがコースへと向かう。

 レッドブルのC.クリエン、D.クルサード、ルノーのF.アロンソ、G.フィジケラ、マクラーレンのK.ライコネン、ホンダのR.バリチェロ、トロ・ロッソのV.リウッツィもコースへ。

 R.シューマッハが1分21秒681でターゲットタイムを記録。すぐにビルヌーブが1分20秒672でタイムを更新する。マクラーレンのJ.P.モントーヤがピットアウト。アロンソが1分20秒271でトップへ、チームメイトのフィジケラも2番手へ浮上。フェラーリのM.シューマッハがコースへ。ライコネンが2位へ。フェラーリはF.マッサもトラックイン。

 残り5分30秒でまだコースインしていないのはMF1レーシングのT.モンテイロとトロ・ロッソのS.スピードとなっている。さらにR.シューマッハ、ロズベルグ、クリエン、リウッツィがノックアウトゾーンに入っている。

 残り4分、モンテイロとスピードがようやくコースへ。残り3分を切って、ルノー、フェラーリ、ビルヌーブ、ライコネンの6人以外はすべてコース上に出ている。

 残り2分、リウッツィがピットに戻ってノックアウトが決定。現在6位のモントーヤは通過が確定的と判断してピットに戻る。R.シューマッハがタイムを更新して10番手へ浮上し、ギリギリノックアウトゾーンを抜け出し、クルサードがアウトゾーンへ。その直後にクルサードも更新を目指すが、届かずにノックアウト決定。ここでセッション終了。

 公式予選第2ピリオドの結果は、1位F.アロンソ、2位K.ライコネン、3位G.フィジケラ、4位N.ハイドフェルド、5位M.シューマッハ、6位J.ビルヌーブ、7位J.P.モントーヤ、8位F.マッサ、9位R.バリチェロ、10位R.シューマッハとなっている。

 ノックアウトとなったのは11位D.クルサード、12位N.ロズベルグ、13位V.リウッツィ、14位C.クリエン、15位S.スピード、16位T.モンテイロとなっている。



●第3ピリオド

20060610233609.jpg
 公式予選の最終ピリオドは現地時間午後1時10分に開始された。セッション開始時の気温は29℃、路面温度44℃、湿度34%となっている。

 いつも通り、セッション開始と同時にすべてのクルマがバーンアウト走行へと向かう。オープニングタイム計測を終えてのオーダーは、1位M.シューマッハ、2位アロンソ、3位マッサ、4位フィジケラ、5位モントーヤ、6位バリチェロ、7位ライコネン、8位ハイドフェルド、9位R.シューマッハ、10位ビルヌーブとなっている。

 セッション前半を終えてのオーダーは、1位M.シューマッハ、2位アロンソ、3位モントーヤ、4位マッサ、5位フィジケラ、6位ライコネン、7位バリチェロ、8位ハイドフェルド、9位R.シューマッハ、10位ビルヌーブとなっている。そろそろ各チームがタイヤ交換を開始する時期となる。

 残り8分を切ったところでまずはBMWザウバーのJ.ビルヌーブがタイヤ交換を行なう。残り7分20秒でフェラーリのM.シューマッハも最初のストップへ。ルノーのアロンソも同時にピットへ。フェラーリのマッサ、ホンダのバリチェロ、マクラーレンのモントーヤ、ルノーのフィジケラ、マクラーレンのライコネンもタイヤ交換を行なう。

 残り4分50秒、ビルヌーブが1分22秒353でトップへ。残り4分10秒でM.シューマッハが1分20秒815を記録してトップタイムを奪回する。アロンソは1分20秒858でわずかにM.シューマッハに届かない。フィジケラも1分 21秒558で3番手へ。すぐにライコネンが1分21秒296でそのポジションを奪う。

 残り3分20秒、ビルヌーブが2度目のタイヤ交換へ。残り2分50秒、M.シューマッハ、アロンソもタイヤ交換へと向かう。マッサ、フィジケラ、R.シューマッハ、ハイドフェルド、モントーヤ、バリチェロもピットへ。

 最後のアタックを前にしてのオーダーは、1位M.シューマッハ、2位アロンソ、3位ライコネン、4位フィジケラ、5位マッサ、6位バリチェロ、7位モントーヤ、8位ビルヌーブ、9位R.シューマッハ、10位ハイドフェルドとなっている。

 ビルヌーブが5番手へ浮上、ここでチェッカーフラッグ。M.シューマッハが1分20秒574でトップタイムを更新! しかし、アロンソが1分20秒253でトップへ! R.シューマッハが1分21秒073で3番手へ! すぐにフィジケラが1分20秒919で3番手を奪い、さらにマッサが1分20秒764でそのポジションを奪取する! そして、ライコネンが1分20秒397を記録して2番手へ!

 チェッカー後に目まぐるしく順位が変動した最終予選の結果は、F.アロンソがポールポジションを獲得、K.ライコネンがフロントローを奪取した。M.シューマッハが3番手、以下は4位F.マッサ、5位G.フィジケラ、6位R.バリチェロ、7位R.シューマッハ、8位J.P.モントーヤ、9位N.ハイドフェルド、10位J.ビルヌーブとなっている。

 イギリスGP決勝レースは明日、現地時間午後0時(日本時間午後8時)にフォーメーションラップがスタートする。


1 F.アロンソ (ルノー)       1:20.253
2 K.ライコネン (マクラーレン)   1:20.397
3 M.シューマッハ (フェラーリ)   1:20.574
4 F.マッサ (フェラーリ)      1:20.764
5 G.フィジケラ (ルノー)      1:20.919
6 R.バリチェロ (ホンダ)      1:20.943
7 R.シューマッハ (トヨタ)     1:21.073
8 J.P.モントーヤ (マクラーレン) 1:21.107
9 N.ハイドフェルド (BMW)    1:21.329
10 J.ビルヌーブ (BMW)      1:21.599
--------------------------------------------------------------
11 D.クルサード (レッドブル)    1:21.442
12 N.ロズベルグ (ウィリアムズ)   1:21.567
13 V.リウッツィ (トロ・ロッソ)   1:21.699
14 C.クリエン (レッドブル)     1:21.990
15 S.スピード (トロ・ロッソ)    1:22.076
16 T.モンテイロ (ミッドランド)   1:22.207
--------------------------------------------------------------
17 M.ウェーバー (ウィリアムズ)   1:23.129
18 C.アルバース (ミッドランド)   1:23.210
19 J.バトン (ホンダ)        1:23.247
20 佐藤琢磨 (スーパー・アグリ)    1:26.158
21 F.モンタニー (スーパー・アグリ) 1:26.316
22 J.トゥルーリ (トヨタ)      no time



アトピーのスキンケア用品はすべておまかせ「もぐもぐ共和国」

スポンサーサイト


テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/868-666bf474
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

イギリスGP公式予選

ネタバレあり*地上波の方々録画方々は取り扱いに注意願います。* Lion heart【2006/06/11 00:32】

イギリスGP公式予選

ネタバレあり *地上波の方々録画方々は取り扱いに注意願います。* Mansell&David WおぢさんF1を斬る!【2006/06/11 00:32】
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。