MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
第9戦 カナダGP チームプレビュー  BMW


 前戦イギリスGPでは、FIFAワールドカップに話題をさらわれた感もあるが、次戦カナダGPでは、そのようなことはないだろう。多くのファンがF1の開幕を今か今かと待っているはずだ。



【プラモデル ミニチュア グッズ など】  楽天 BMW コレクション


 カナダGP決勝は来週25日(日)、モントリオールの街を流れるセント・ローレンス川に浮かぶ、ジル・ビルヌーブ・サーキットで開催される。ここは絵に描いたような美しさを誇る島だ。

 今回、モントリオールのダウンタウンに配置されたBMWザウバーのピットレーンパークは、新しいファンをひきつけ、すべてのファンが母国のスター、J.ビルヌーブの、父の名を冠したサーキットを走る姿に歓喜することだろう。

 モントリオールは高速サーキットのため、BMWザウバーは今季第9戦のカナダGPでも、前戦に続いてポイントを獲得するチャンスがあると信じているようだ。
 このグランプリに向けて、チームは3日間、高速モンツァ・サーキットでビルヌーブとN.ハイドフェルド、そしてロバート・クビカの3人が交代でテストに取り組んできた。


★J.ビルヌーブ

20060621233944.jpg
「モントリオールに戻ってくると、いつもいい気分になれるんだ。いい思い出があるからね。子供のころから、ほとんどヨーロッパで過ごしていたから、カナダに戻るチャンスは徐々に減っていったんだ。だから余計に、毎年レースのために戻ってこられて、うれしく思うんだろうね。この時期に会う友達もたくさんいるし、もちろん、家族にも会える。僕のモットーは、精力的に落ち着いた週末を迎えるには、慣れ親しんだ環境の中でリラックスすること。今回は母国グランプリだから、自然とメディアやファンの注目も集まるだろうし、プロモーション活動にも多く出なければならない。でもそれは、すべてグランプリの一部だし、モントリオールではそういったことも楽しいんだ。サポートしてくれていることを実感できるから、すごくすてきな気持ちになるんだよ。5月には、モントリオール市内の中心部にある、僕のクラブ“Newtown(ニュータウン)”の5周年を祝ったんだ。絶対に来週末も行くつもりだよ」

「このサーキットの難しいところは、ブレーキングがすごく厳しい個所が多いことだね。他に、こんなサーキットはないんじゃないかな。レースがあるとき以外は、ドライバーは誰も行かないから、グリップがどんなふうになるか予測できないし、アスファルトがどんな状態か、どの程度バンピーなのか、誰も分からないんだ。普段は一般車が走っているしね。そういった意味では、メルボルンと少し似ているかな。いつも何かしらのサプライズがあるんだ。グリップが低いし、コースのレイアウト、すべてのブレーキングゾーンとシケイン、それからオーバーテイクのチャンスを考えて、みんな時々、われを忘れてしまう。だから、事故が度々、起こってしまうんだけど、それがおもしろくもあるんだよね」

「本当に特別な週末になるよ。カナダの人たちが楽しそうにしているのを見られるのは、僕にとって光栄なことだしね。ファンはどのドライバーに対しても、すばらしい存在になると思うよ。カナダの人たちは、どの国の人であっても関係なく応援するんだ。週末の間ずっと、パーティーみたいだろうね。それに、ポジティブなエネルギーも感じることができるはずさ。街中がレースに夢中になるんだ。モナコのようにね。みんなの気持ちがすごく若々しくて、エネルギーに満ちているんだ」


★N.ハイドフェルド

20060621234206.jpg
「僕にとっては、カナダGPとオーストラリアGPが一番楽しみだ。サーキットのことを考えなければ、モントリオールが大好きだね。だから、いつも開幕より数日前にやって来るんだ。
ここは独特のコースだよね。いまだ残っている高速サーキットの1つで、比較的、低速コーナーとシケインの間に長いストレートがある。僕は2個目のシケインがすごく好きなんだ。タイヤのラバーがコースに乗ると、適度なグリップが得られるし、クルマがよく走りだすんだ。できる限り縁石を攻めていかなければならないね。だけど、そこのコーナーには傾斜もあるから、出口ではすごくタイヤウオールに近づいてしまうんだ。今、僕たちのクルマは特に高速のストレート部分で、強さを発揮しているから、モントリオールで証明して見せるさ」


★ロバート・クビカ

「今度のモントリオールは、また新しいサーキットへのチャレンジになる。いろいろ聞いてはいるけど、金曜日に実際にコースに出てみて、クルマの感触をつかむことになるだろうね。チームのために、いろいろとハードワークをこなす前に、まず、サーキットのことを学ぶ必要があるから、新しいコースに出るというのは、いつでも大きなチャレンジだよ。今年は運よく、とても早い段階でサーキットのことを学べているから、今回は楽しみにしているチャレンジってとこかな。ブレーキに厳しいコースということは分かっているから、タイヤ作業がすごく大切になるだろうね」


★マリオ・タイセン(BMWモータースポーツディレクター)

「前戦イギリスGPで初めて、われわれの若いチームは4番目の勢力として無視できない存在となった。すばらしい成功であり、大きな励みとなるレースだったよ。モントリオールでも、この勢いを維持したいと思っているし、前半をいい形で終えたいね」

「カナダGPは、まさにシーズンのハイライトの1つだ。サーキットが、技術面やドライビングの面でチャレンジングというだけではなく、雰囲気もすごい。ここの人たちはみんな、F1の大ファンだし、BMWファンのプロモーションも伝統的なんだ。カナダはBMWにとって、重要かつ巨大なマーケットでもあるからね。アメリカ地域全体、すなわち、アメリカ合衆国、カナダ、メキシコ、アルゼンチン、そしてラテンアメリカ諸国には、ヨーロッパに次ぐ、BMWグループの大きな販売市場がある」

「サーキットは、セント・ローレンス川の中州にある島に位置しており、魅力的なところだと思う。国際博覧会やオリンピックも開催された、歴史の古い町だしね。たくさんの樹木が植えられていて牧歌的なんだけど、落ち葉がラジエーターをすぐふさいでしまうから、危険でもある」

「ジル・ビルヌーブ・サーキットの長いストレートは、P86エンジンの限界まで攻めることができるんだ。ここは、モンツァやインディアナポリスと並んで、唯一、高速サーキットと呼べるところだろう。ニックは予定通り、新しいエンジンを搭載することになるだろうし、ジャックはシルバーストーンで好成績を残したエンジンを引き続き使う予定だ」


★ウィリー・ランプ(テクニカルディレクター)

「際立った特徴のあるモントリオールのコースは、伝統的にブレーキングが厳しいタフなサーキットだ。今年はV8エンジンに移行した関係で、トップスピードが落ちているから、いくつかのコースでは、それほどブレーキングに厳しいわけではないが、ジル・ビルヌーブ・サーキットは、今でもブレーキの耐久性が試される、最もタフなサーキットだよ。非常に効率のいいクーリングが必要だし、ドライバーには慎重なブレーキングが要求されるんだ」

「空力面から言うと、中間のダウンフォースレベルが必要だね。それを頭において、ポールリカールでは、新しいフロントウイングと新しいリアウイングを取り付けた空力パッケージを、すでに試しているよ。イギリスGP後の今週は、モンツァでさらにテストを行った。出力が低減されたV8エンジンだから、ダウンフォースを最大にして走っても、今年はかなり、ダウンフォースが減っていくことが分かったよ」

「モントリオールには、オーバーテイクポイントがある。厳しいブレーキングポイントのある長いストレートに続くヘアピンがそうだね。スタートラインの前は用心が必要で、左右のコンビネーションを上手に使ってアプローチすることと、縁石にはあまり雑に乗り上げないようにすることが重要だ。概して抜きどころは比較的少ないし、限られているね。モントリオールで速く安全に走るためには、クルマがとても正確に反応しなければならない。ささいなミスも許されないサーキットなんだよ。本当の意味でのチャレンジができるだけでなく、セント・ローレンス川に浮かぶ島にあるこのコースは、景色がとても美しい。みんな楽しみにしているよ」



格安航空券の当日予約はこちらから

スポンサーサイト


テーマ:F1GP 2006 - ジャンル:車・バイク

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/896-ac988d29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。