MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
SUPER GT 第4戦 マレーシア 【JAPAN GT CHAMPIONSHIP MALAYSIA】 予選1回目


昨年決勝2位の雪辱を果たせ! ARTA NSXが暫定ポールを獲得
セパン本命の雨宮アスパラドリンクRX7がGT300トップに


 6月24日午前、2006 オートバックス SUPER GT 第4戦「JAPAN GT CHAMPIONSHIP MALAYSIA」の公式予選1回目がセパン・インターナショナル・サーキット(マレーシア)で行われた。



楽天市場 ホビー 【SUPER GT NSX】


 予選1回目は11時(現地時間)からの60分間。最初の20分間はGT300クラス専有、次の20分間はGT500クラス専有、最後の20分間は両クラス混走というスケジュールで行われた。上空は雲に覆われ、ときおり小雨がぱらつくという不安定な天候。このためどのチームも早めのタイムアタックに出ていくが、けっきょくこのセッションはドライコンディションのまま進行した。開始時の気温は26度、路面温度は28度。終了時にも27度/29度とほとんど変動はなかった。

20060625145519.jpg
 GT300クラスでこのコースとの相性のよさを見せつけたのがNo.7 雨宮アスパラドリンクRX7。やや遅れてコースインした山野哲也が、最初のアタックで2分09秒674をマークし、トップに立つ。前日の練習走行でトップタイムをマークしていたNo.2 I.M JIHAN・Apple・Shiden(加藤寛規)がこれにつづいて2分09秒965をマーク、2番手に。この後、No.110 TOTALBENEFIT GREENTEC BOXTER(菅一乗)、No.19 ウェッズスポーツセリカ(脇阪薫一)などもアタックを敢行するが2分10秒台前半まで。これより前にタイムを出していたNo.27 direxiv ADVAN 320R、No.96 EBBRO BTEC MAZIORA 350Rなどもポジションを上げることができなかった。専有時間残り3分を切ったところで、それまで下位に甘んじていたNo.55 DHG ADVAN FORD GT(光貞秀俊)が2分10秒369を出し、6番手にジャンプアップ。初のスーパーラップ進出を決める。最初のアタックで上位タイムを出せなかったNo.101 TEAM RUN'A apr MR-Sも再度のアタックに出るが、13番手にとどまり、スーパーラップ進出はならなかった。GT500専有時間帯をはさんで行われた混走の時間にもポジションアップするチームはなく、No.7雨宮アスパラドリンクRX7以下、No.2、No.110、No.19、No.96、No.55、No.27、No.13エンドレスアドバンCCI Z、No.14ハンコックエンドレスポルシェ、No.11 JIM CENTER FERRARI DUNLOPまでの10台がスーパーラップに進んだ。

20060625145320.jpg
 GT500クラスの各チームも、天候の変化を見越して早めにコースイン。最初に2分を切ったのはNo.8 ARTA NSX(ラルフ・ファーマン)で、1分59秒024。この時点では2番手以下を約1秒離していた。これにNo.18 TAKATA童夢NSX、No.100 RAYBRIG NSXが2分00秒台でつづき、一時はNSX勢が計時モニターのトップ3を占める。だが、ここで1分59秒942を出し2番手に割って入ったのがNo.3 イエローハットYMSトミカZ(ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)。さらに、数分後にNo.12 カルソニックインパルZ(ブノワ・トレルイエ)が1分59秒700で2番手に入ったのをきっかけとするように各チームいっせいにタイムアタック。次々と1分59秒台をマークしていく。だが、No.8 ファーマンはここで1分58秒642までタイムアップ。ふたたびライバルを引き離す。
 直後にNo.12 トレルイエも1分58秒台をマークするがNo.8には届かず2番手まで。その後、No.22 MOTUL AUTECH Z(ミハエル・クルム)も1分28秒台に入れる。専有時間残り5分を切ってNo.1 ZENTセルモSC(立川祐路)がアタック。1分59秒554で4番手に食い込む。その後は10番手前後に並ぶチームのアタックが激しくなるが、このなかでNo.24 WOODONE ADVAN KONDO Z(エリック・コマス)が10番手に飛び込む。その後、No.6 Mobile 1 SC(片岡龍也)もアタックするが10番手以内には届かず。この結果、No.8 ARTA NSXを筆頭に、No.12、No.22、No.1、No.36 OPEN INTERFACE TOM'S SC430、No.18、No.3、No.23 XANAVI NISMO Z、No.100、No.24までがスーパーラップ進出。No.24は今季初のスーパーラップ進出となった。

 その後、混走の時間帯にNo.110がNo.2に接触。No.110のベストタイムが抹消となるが、2番目のタイムで9番手に入り、スーパーラップ進出車に変動はなかった。


【GT500】
1 ARTA NSX (伊藤大輔/R.ファーマン) 1'58"642
2 カルソニック インパル Z (B.トレルイエ/星野一樹) 1'58"849
3 モチュール オーテック Z (M.クルム/R.ライアン) 1'58"990
4 ZENT セルモSC (立川祐路/高木虎之介) 1'59"554 BS
5 OPEN INTERFACE TOM'S SC430 (脇阪寿一/A.ロッテラー) 1'59"667
6 TAKATA童夢NSX (道上龍/小暮卓史) 1'59"781
7 イエローハットYMS・トミカ Z (横溝直輝/J?P.オリベイラ) 1'59"942
8 ザナヴィニスモ Z (本山哲/松田次生) 2'00"132
9 RAYBRIG NSX (S.フィリップ/細川慎弥) 2'00"247
10 WOODONE ADVAN KONDO Z (E.コマス/柳田真孝) 2'00"430
11 EPSON NSX (L.デュバル/武藤英紀) 2'00"463
12 Mobil 1 SC (飯田章/片岡龍也) 2'00"509
13 ECLIPSE ADVAN スープラ (織戸学/土屋武士) 2'00"773
14 triple a サード スープラGT (A.クート/平中克幸) 2'01"286
15 BANDAI DIREZZA SC430 (服部尚貴/P.ダンブレック) 2'01"802


【GT300】
1 雨宮アスパラドリンクRX7 (山野哲也/井入宏之) 2'09"674
2 I.M JIHAN CO.LTD・アップル・紫電 (高橋一穂/加藤寛規) 2'09"965
3 ウェッズスポーツセリカ (松田晃司/脇阪薫一) 2'10"036
4 EBBRO BTEC MAZIORA 350R (黒澤琢弥/黒澤翼) 2'10"113
5 DHG ADVAN FORD GT (光貞秀俊/池田大祐) 2'10"369
6 direxiv ADVAN 320R (密山祥吾/谷口信輝) 2'10"3947
7 エンドレス アドバンCCI Z (影山正美/藤井誠暢) 2'10"566
8 ハンコックエンドレスポルシェ (木下みつひろ/峰尾恭輔) 2'10"609
9 TOTALBENEFIT GREENTEC BOXSTER (松田秀士/菅一乗) 2'10"688
10 JIM CENTER FERRARI DUNLOP (田中哲也/青木孝行) 2'10"713
11 WILLCOM ADVAN VEMAC408R (柴原眞介/八木宏之) 2'10"763
12 プロμマッハGOGOGO車検320R九州 (玉中哲二/筒井克彦) 2'10"821
13 TEAM RUN'A apr MR-S (新田守男/高木真一) 2'10"906
14 吉兆宝山 DIREZZA Z (長島正興/安田裕信) 2'11"026
15 吉兆宝山 DIREZZA Z (佐々木孝太/番場琢) 2'11"293
16 T&G CyberAgent DUNLOP F360 (ヒロミ/尾本直史) 2'11"563
17 梁山泊 apr MR-S (田中実/大嶋和也) 2'11"985
18 洗剤革命TEAM UEMATSU&石松RSR (植松忠雄/菊池靖) 2'12"121
19 外車の外国屋アドバンポルシェ (石橋義三/平川晃) 2'13"995
20 ライフワークBOMEXアップル NSX (周防彰悟/山下潤一郎) 2'14"171



電子チケットサービスついに開始!PIAカードで更にお得に!

スポンサーサイト


テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/906-b8e5c447
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。