MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
SUPER GT 第4戦 マレーシア 【JAPAN GT CHAMPIONSHIP MALAYSIA】 予選2回目 ? SUPER LAP


2年連続のポールポジション ARTA NSXがライバルを圧倒!
GT300はI.M CO.LTD・APPLE・Shidenが2戦連続クラスポール


 6月24日、2006 オートバックス SUPER GT 第4戦「JAPAN GT CHAMPIONSHIP MALAYSIA」の公式予選がセパン・インターナショナル・サーキット(マレーシア)で行われた。



楽天市場 ホビー 【SUPER GT NSX】


 予選2回目は16時ちょうどから。最初にGT300クラス、つづいてGT500クラスの順で、クラス全体での走行が15分間ずつ行われ、5分間のインターバル後、GT300クラスからスーパーラップが始まった。
 予選開始時点での気温は27度、路面温度は28度と、マレーシアとしては低め。上空は雲に覆われていたが心配された雨は落ちてくることはなく、ドライでのアタックが見られることになった。

20060625152651.jpg
 GT300クラスはまずNo.11 JIM CENTER FERRARI DUNLOP(田中哲也)からコースイン。2番目出走のNo.110 TOTALBENEFIT GREENTEC BOXSTER(菅一乗)がマークした2分10秒810が最初のターゲットタイムとなる。これを上回ったのがNo.13エンドレスアドバンCCI Z(影山正美)で、タイムは2分10秒090。つづくNo.27 direxiv ADVAN 320R(谷口信輝)は予選1回目でニュータイヤを2セット使い切っており、ユーズドタイヤでがんばりすぎたかコースアウト。180度回転でみごとなリカバリーを見せたがタイムを大きくロスしてしまう。
 6番目に走ったNo.55 DHG ADVAN FORD GT(光貞秀俊)は2分10秒694。No.13には届かないもののNo.110は上回り、この時点で2番手となる。さらに、8番目に走ったNo.19 ウェッズスポーツセリカ(脇阪薫一)が2分10秒398で2番手を奪取。
 残る2台、予選1回目のトップ2のタイムに注目が集まる。まずはNo.2 I.M JIHAN CO.LTD・APPLE・Shiden(加藤寛規)がアタック。区間タイムですでに0.5秒近く他を上回り、1周を終えると2分08秒692と、他を1秒以上引き離す圧倒的なタイムをたたき出した。予選1回目トップのNo.7雨宮アスパラドリンクRX7(山野哲也)も渾身のアタックを試みるが、このタイムには及ばず。2分10秒222で3番手にとどまった。
 この結果、No.2 I.M JIHAN CO.LTD・APPLE・Shidenがクラスポールを奪取した。


20060625153130.jpg
 コース清掃のインターバルをはさんでGT500クラスのスーパーラップがスタート。No.24 WOODONE ADVAN KONDO Z(エリック・コマス)からアタックに入る。つづくNo.100 RAYBRIG NSX(セバスチャン・フィリップ)が2分00秒台に入れ、最初のターゲットタイムに。No.23 XANAVI NISMO Z(本山哲)、No.3 イエローハットYMSトミカZ(ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)は2分00秒台に入れるもののこれを上回れず。最初に2分00秒を切ったのは6番目に走ったNo.36 OPEN INTERFACE TOM'S SC430(アンドレ・ロッテラー)で、1分59秒693。7番目のNo.1 ZENTセルモSC(立川祐路)はさらにこれより速く1分59秒228。

20060625153423.jpg
 しかし、つづくNo.22 MOTUL AUTECH Z(ミハエル・クルム)はさらにうわ手だった。1分58秒794と、ついに1分58秒台に入れてくる。つづくNo.12カルソニックインパルZ(ブノワ・トレルイエ)は、区間タイムでは1000分の1秒までNo.22まで同一だったが、後半セクションでタイムロス。1分59秒台にとどまる。

 最後の出走はNo.8 ARTA NSX(ラルフ・ファーマン)。その走りは圧巻だった。第1セクターで他につけた差は0.6秒以上。最終的なラップタイムは1分57秒866と、2番手に1秒近い差をつけていた。No.8のセパンでのポール獲得は昨年につづき2年連続。2番手はNo.22、3番手No.1と、トップ3はNSX、フェアレディZ、SC430が分け合うかたちになった。


【GT500】
1 ARTA NSX (伊藤大輔/R.ファーマン) SP 1'57"866
2 モチュールオーテック Z (M.クルム/R.ライアン) SP 1'58"794
3 ZENT セルモSC (立川祐路/高木虎之介) SP 1'59"228
4 カルソニック インパル Z (B.トレルイエ/星野一樹) SP 1'59"343
5 OPEN INTERFACE TOM'S SC430 (脇阪寿一/A.ロッテラー) SP 1'59"693
6 RAYBRIG NSX (S.フィリップ/細川慎弥) SP 2'00"392
7 イエローハットYMS・トミカ Z (横溝直輝/J?P.オリベイラ) SP 2'00"410
8 ザナヴィニスモ Z (本山哲/松田次生) SP 2'00"436
9 TAKATA童夢NSX (道上龍/小暮卓史) SP 2'01"100
10 WOODONE ADVAN KONDO Z (E.コマス/柳田真孝) SP 2'02"014
11 EPSON NSX (L.デュバル/武藤英紀) Q2 2'03"457
12 Mobil 1 SC (飯田章/片岡龍也) Q2 2'02"513
13 ECLIPSE ADVAN スープラ (織戸学/土屋武士) Q2 2'02"147
14 triple a サード スープラGT (A.クート/平中克幸) Q2 2'02"813
15 BANDAI DIREZZA SC430 (服部尚貴/P.ダンブレック) Q2 2'01"802


【GT300】 
1 2 I.M JIHAN CO.LTD・アップル・紫電 高橋一穂/加藤寛規 2'08"692 2'15"287 YH
2 13 エンドレス アドバンCCI Z 影山正美/藤井誠暢 2'10"090 2'12"270 YH
3 7 雨宮アスパラドリンクRX7 山野哲也/井入宏之 2'10"222 2'11"327 YH
4 19 ウェッズスポーツセリカ 松田晃司/脇阪薫一 2'10"398 2'12"740 YH
5 55 DHG ADVAN FORD GT 光貞秀俊/池田大祐 2'10"694 2'12"454 YH
6 110 TOTALBENEFIT GREENTEC BOXSTER 松田秀士/菅 一乗 2'10"810 2'14"073 YH
7 14 ハンコックエンドレスポルシェ 木下みつひろ/峰尾恭輔 2'11"119 2'16"540 HK
8 96 EBBRO BTEC MAZIORA 350R 黒澤琢弥/黒澤 翼 2'11"184 2'15"357 DL
9 11 JIM CENTER FERRARI DUNLOP 田中哲也/青木孝行 2'11"286 2'13"945 DL
10 27 direxiv ADVAN 320R 密山祥吾/谷口信輝 2'11"801 No Time YH
11 62 WILLCOM ADVAN VEMAC408R 柴原眞介/八木宏之 2'15"428 YH
12 5 プロμマッハGOGOGO車検320R九州 玉中哲二/筒井克彦 2'15"734 YH
13 101 TEAM RUN'A apr MR-S 新田守男/高木真一 2'14"062 MI
14 47 吉兆宝山 DIREZZA Z 長島正興/安田裕信 2'15"466 DL
15 46 吉兆宝山 DIREZZA Z 佐々木孝太/番場 琢 2'13"862 DL
16 10 T&G CyberAgent DUNLOP F360 ヒロミ/尾本直史 2'22"236 DL
17 777 梁山泊 apr MR-S 田中 実/大嶋和也 2'14"692 MI
18 910 洗剤革命TEAM UEMATSU&石松RSR 植松忠雄/菊池 靖 2'17"387 YH
19 70 外車の外国屋アドバンポルシェ 石橋義三/平川 晃 2'24"407 YH
20 666 ライフワークBOMEXアップル NSX 周防彰悟 /山下潤一郎 2'17"976 YH
スポンサーサイト


テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/907-779f84db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。