MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
第10戦 アメリカGP チームプレビュー  トヨタ


 第9戦カナダGPを終えたF1チームは、北米2連戦の2戦目となるアメリカGPへ向けて移動する。



【R.シューマッハ J.トゥルーリ トヨタF1 グッズ】  楽天 トヨタF1 コレクション


 アメリカン・レーシングの聖地であるインディアナポリスは、2000年よりF1アメリカGPの開催地となっている。現在F1で使用されるコースは、有名なオーバルコースの一部を使用し、その後、ツイスティなインフィールドセクションへと続く構成となっている。

 昨年のアメリカGPは、タイヤの安全性を考慮し、多くのチームがフォーメーションラップのみの走行でレースを終えるという、レースファンを落胆させる結果となった。そのため、各チームは、今年のアメリカGPで、アメリカのレースファンに本当のF1グランプリを見せることを待ち望んでいる。

 カナダGPでJ.トゥルーリがポイント獲得を果たしたパナソニック・トヨタ・レーシングは、チームメイトのR.シューマッハと共に、今週末に控えたアメリカGPでも、さらに強力な結果を獲得すべく、全力で努力を続ける。


★R.シューマッハ

20060628224502.jpg
「インディアナポリスにはさまざまな記憶を持っている。昨年については、レースを戦わないというチームの決断は、各地から観戦に訪れていたファンには、非常に厳しいものであった」

「しかし、明らかにレースを行うには危険があり、ドライバーの安全は最優先されるべきで、正しい決断であった。レースを戦いたいというのはレースドライバーの本能だが、昨年の状況ではそれは不可能だったということを、ファンには理解していただきたいと思う」

「我々は今年こそトラブルのないレースを行い、アメリカのファンに本当のF1を楽しんでもらわねばならない。インディアナポリス・モーター・スピードウェイのオーガナイザーは良い仕事をしてくれた。このコースでは、ツィスティなインフィールドセクションでの安定性を維持しながら、オーバルセクションでの最高速を確保するというセッティングに挑戦することになる。常にインディアナポリスでの雰囲気は素晴らしく、今年も同様になることを期待している」


★J.トゥルーリ

20060628224726.jpg
「昨年のアメリカGPは残念な週末となってしまった。観戦に訪れてくれた観客には本当に申し訳なく思っている。しかし、ドライバーの危険があまりにも大きく、決勝レース当日、他に選択肢はなかった。もちろん、レースを取りやめるという決断はつらいものだった。しかし、私はポールポジションを獲得していたけれども、あの条件下でレースを戦うことを望まなかった」

「今年こそは、心配してくれたすべての人々のためにも、より良いレースウィークとなることを期待している。インディアナポリスは特別な場所であり、人々は友好的で、サーキットと街の両方の雰囲気を楽しみにしている」

「これまで、私にとってはあまり幸運なシーズンとは言えなかったが、シーズンが進むにつれ、明らかに我々のパフォーマンスは改善されてきており、カナダGPでは待ちわびたポイント獲得を果たすことができた。良い結果でシーズンを終えるために、私にもやっと運が回ってきたと思う。しかし、まずはインディアナポリスで、昨年の記憶を消すべく、良いレースを繰り広げることを望んでいる」


★パスカル・バセロン (シャシー部門シニア・ゼネラル・マネジャー)
「昨年のアメリカGPでの信じられない展開は、インディアナポリスがいかに独特のコースであるかということを示している」

「このサーキットは、空力とタイヤの両面で、妥協不可能な、矛盾する要素を併せ持っている。オーバルのバンクは、20秒以上にも及ぶフルスロットルの区間であり、モンツァのような低ダウンフォースセッティングを必要とする。そしてすぐにインフィールドセクションに入ると、モナコのような高ダウンフォース設定が必要となる」

「タイヤにとっては、低速なインフィールドセクションでのグリップが求められるが、荒れたアスファルトのオーバルのバンクでは、リアタイヤに非常に高い負荷がかかるので、それほど柔らかくすることもできない」

「昨年の状況は、インディアナポリス仕様として用意されたタイヤが、実際のコースコンディションを再現するのが困難な、テスト装置上だけで開発されたために起こった。2つのタイヤメーカーは今年のアメリカGPへ向けて学んでいるはずで、今年はより素晴らしいイベントになることを期待している。インディアナポリス・モーター・スピードウェイは、ヨーロッパには、類を見ない趣旨で作られたコースであり、レース観戦においても素晴らしい施設だ」



目的地の沿線にあるホテルを探す「楽天トラベル」

スポンサーサイト


テーマ:F1GP 2006 - ジャンル:車・バイク

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/910-fe917d7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。