MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
第11戦 フランスGP 土曜日 フリー走行3回目


 日本も日に日に暑さを増しているが、フランスも暑い。猛暑のマニクール・サーキットで2006年 F1世界選手権 第11戦 フランスGPが開催2日目を迎えた。

 サードカーを含む計29台で行われた金曜日のフリー走行では、午前、午後ともにロバート・クビカ(BMWザウバー)がトップタイムをマーク。ノーズから生えた角のような“垂直ウイング”の効果なのか? シーズン中盤に来て調子を上げているBMWザウバーが注目を集めている。



【プラモデル ミニチュア グッズ など】  楽天 BMW コレクション


 サードカーを含む計29台で行われた金曜日のフリー走行では、午前、午後ともにロバート・クビカ(BMWザウバー)がトップタイムをマーク。ノーズから生えた角のような“垂直ウイング”の効果なのか? シーズン中盤に来て調子を上げているBMWザウバーが注目を集めている。

 一方、チャンピオンシップに目を転じると、前戦アメリカGPを1-2フィニッシュで終えたフェラーリとM.シューマッハが意気揚々。宿敵F.アロンソとのポイント差を19点に縮め、一時は厳しくなったタイトル奪還に光明がさしてきた。ルノーとミシュランの母国グランプリで逆襲なるか!? 両陣営のガチンコ勝負に期待がかかる。

 今朝のマニクールは気温29℃、路面温度41℃、湿度55%のドライコンディション。60分間で行われるセッションは序盤、R.シューマッハ(トヨタ)、S.スピード(トロ・ロッソ)らがトップタイムを刻み、中盤になるとフェラーリのシューマッハがコースイン、2回連続アタックで1分18秒515のトップタイムをマークする。しかし、これをJ.バトン(ホンダ)が上回り、1分17秒476でトップに立った。

 一方、ピットに戻ったシューマッハのマシンからは黒っぽい煙が上がっている。リア部には火の手も見えるが、エンジン系のトラブルだろうか? スタッフは消火活動に追われた。ちなみにフェラーリは今回、フレッシュエンジンで臨んでいる。

 終盤は残り15分を切ったあたりからコースが渋滞してきた。そんな中、J.トゥルーリ(トヨタ)が立て続けにトップタイムを更新、1分17秒056まで自己ベストを伸ばすが、この直後にN.ロズベルグ(ウィリアムズ)が1分17秒188をマーク。さらにはJ.ビルヌーブ(BMWザウバー)が1分17秒005を叩き出して、トップを奪った。チームメイトのN.ハイドフェルドも2番手につけており、BMWザウバーが初日に続いて好調をアピールしている。

 3番手以降はトゥルーリ、ロズベルグ、M.ウェーバー(ウィリアムズ)、バトン、K.ライコネン、P.デ・ラ・ロサ(ともにマクラーレン)、ラルフ、D.クルサード(レッドブル)というトップ10。トラブルに見舞われたシューマッハはマシンの修復に追われ、結局5周しか走れず、14番手にとどまった。修復作業はまだ続いている。

 その他、日本勢はR.バリチェロ(ホンダ)が20番手、スーパー・アグリのF.モンタニーが21番手、佐藤琢磨は終盤にストップしてしまい、22番手となった。

 この後は注目の予選が行われる。開始時刻は日本時間21時(現地時間14時)。酷暑のマニクールでポールポジションを手にするのは誰だ!?


1 J.ビルヌーブ (BMW)      1:17.005 13Laps
2 N.ハイドフェルド (BMW)    1:17.049 16Laps
3 J.トゥルーリ (トヨタ)      1:17.056 18Laps
4 N.ロズベルグ (ウィリアムズ)   1:17.188 16Laps
5 M.ウェーバー (ウィリアムズ)   1:17.358 12Laps
6 J.バトン (ホンダ)        1:17.476 19Laps
7 K.ライコネン (マクラーレン)   1:17.556 12Laps
8 P.デ・ラ・ロサ (マクラーレン)  1:17.653 16Laps
9 R.シューマッハ (トヨタ)     1:17.666 18Laps
10 D.クルサード (レッドブル)    1:17.859 19Laps
11 G.フィジケラ (ルノー)      1:17.995 17Laps
12 C.アルバース (ミッドランド)   1:18.059 24Laps
13 V.リウッツィ (トロ・ロッソ)   1:18.199 20Laps
14 M.シューマッハ (フェラーリ)   1:18.214 5Laps
15 F.マッサ (フェラーリ)      1:18.396 8Laps
16 F.アロンソ (ルノー)       1:18.447 16Laps
17 T.モンテイロ (ミッドランド)   1:18.487 23Laps
18 S.スピード (トロ・ロッソ)    1:18.545 20Laps
19 C.クリエン (レッドブル)     1:18.631 20Laps
20 R.バリチェロ (ホンダ)      1:18.961 20Laps
21 F.モンタニー (スーパー・アグリ) 1:19.497 18Laps
22 佐藤琢磨 (スーパー・アグリ)    1:21.497 10Laps


スポンサーサイト


テーマ:F1GP 2006 - ジャンル:車・バイク

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/944-f3b73507
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。